HILLBILLY SALVAGE

1.3

b0073005_12121974.png

[PR]
# by heritage_eb | 2014-01-03 12:12 | DIARY

1219

さて

ガッツリと

バキバキと

年明け一発目

変わり果てますぞ
[PR]
# by heritage_eb | 2013-12-19 15:15 | DIARY

america

創業時からいつも背中には廃業の二文字がのしかかり

それが時に軽く 時に重く

従業員が増えようが減ろうが

結局安全パイを選び出したら もう二度と前へは

進めない気がして

いつも博打

その博打も責任が大きくなればなるほど

毎回渾身の博打

誰にも通用しない 中途半端なことになりだしたら

潔く去る覚悟は常にある

マイナスになんてならない

ゼロに戻るだけだ

今 有難くもご支持を頂けたり 期待を頂けたり

でもそれはいとも簡単に無くなるものでもあり

だから攻め続けるしかない

既成概念 常識 それら誰かが作り上げた

ルールに縛られることなく と言えばありきたり

そんなところから 本当の意味での攻撃力はうまれない

いつも絶対絶命 ピンチ

そんなところから産まれるパワー 底力は

僕にとってかけがえのない大事なもの

と アメリカに来て二日目の朝
[PR]
# by heritage_eb | 2013-11-24 23:42 | DIARY

11.18

そんなこんなで気がつけば11月も半ば
今年何回目かは分からないけど 最後の買付けの旅を目前に

何が入荷するとか どういうものを買い付けるかなんてのは 知らないし分からない
お問い合わせは頂いても 行くこの本人が分からないのだからお答えしようがない

ただ僕にとっての買付けや入荷というのは大きなビッグイベント というわけでもなく
だから会社や店にとっても同様で

そこを全面的にプッシュしたいという気持ちを抑えているという感じでもない
本当に普遍的なモノをプロデュースし届けようというならば 表向きの体というのは
淡々と 粛々としていてもいーんじゃないか と

物量や売れ筋といった理屈では決してなく
僕のお店ではやっぱり 感覚 でモノを届けさせて貰いたいし
それを頑なに創業時から守らせて頂いて来た

サイズ 色 メーカーと 理屈づくしでセールストークしたところで
何も生まれない過当競争の渦に自ら飛び込むようなもの

例え僕が求める世界がある意味 水もの であり 明日がはっきり見えなくても
僕は理屈ではなく感覚を信じたいし それが僕の商売で在りたい

理屈で売ることが悪いわけではない 皆安心や安全を買いたいからそれを否定するつもりはない

ただ僕が理屈でモノを売りたくないというシンプルな理由
僕達日本人の感覚を信じたいし そこから生まれるメイドインジャパンの新たな感覚を信じてる

腹いっぱいの賞賛を浴びたいわけでもない 罵倒や中傷や否定もあっていい
どの感覚が正しくて 誰のセンスが良し なんてのも興味ない

個人個人 ひとりひとりの持つ 独自の感覚に 真っ向勝負で良いと思うし
分かる 分からない 程度の話でもない

そう言う意味では極度なアナウンスなんてのも僕の店には存在しないし
レコメンドみたいな言葉もない

ただし 感覚で勝負するということは 理屈ではないから
頭でっかちに知識を詰め込んだ内容では全くもって通用しない

覚えたことを話したところでそんなものはすぐバレる
世界を旅しながら この目 このカラダを目いっぱい使って吸収して来ているものを
吐き出すしかない

そう 僕は理屈でモノ売る店はやりたくない
[PR]
# by heritage_eb | 2013-11-18 10:01 | DIARY

10.24

b0073005_23265158.jpg


毎月の様にあっちやこっちと様々な地を練り歩く

全てが全てモノを仕入れる為では決してない

自分にとっては モノと同様に情報や価値観にもそれなりのお金をかけるべきで

タダの情報は垂れ流しで 誰もが共有出来るもはや過去のもの

PC画面や写真で垣間見る それでは何もわからないし 伝わらない

触れろ という号令と共にその地へ飛ぶ

100の情報や仕入れたネタから実際にカタチになるのは1、2かもしれない

でもその1、2は単にそのまま横流しの1、2ではなく

100をぎゅっと凝縮し自分が消化した上で吐き出す1、2

世界は同時に動いてる

僕らは地球をリレーしているとは言うけれど

今はよーいドン的な動きになりつつある

だからバトンを待つ必要も渡すこともない

リアルも何も 当たり前な話で

僕は決して懐古的な考えで動くではなく

何を形にしても 成し遂げても 何かもうひとつ足りない

それくらいな進み方が心地よい

[PR]
# by heritage_eb | 2013-10-24 23:37 | DIARY

journey

b0073005_6275172.jpg


アンティークハンターではないから 

というかそんな職業は聞いたことがないから

皆がびっくりするくらいの量を買付けたところで そのびっくりは一瞬に過ぎないであって

大事なのは毎回異なる驚きや感動といったものを様々な観点や価値観で表現しきる事

同じ人物が同じ国に行って同じようなモノを幾度となく買い付けて来るということは

多少のモノの変化はあれど あとはコストパフォーマンスであったり 

アンティークを勉強しに海外に行ってるわけではないし 買付ける為だけに飛行機に乗るわけではない

同じ時代を生きる異国の人々が 今まさに自国異国問わず過去の産物と向き合っているのか

活かす殺す 工夫する なすがまま 様々な創意工夫

単に古いものを置く またはフルっぽく アンティーク風に  

わざわざアンティーク風に作ることに僕はあまり魅力は感じないからどうでもいいのだけれど

それ以上に本物のアンティークをそのまま というのも現代に生きるディーラーとして 表現する側として

物足りぬわけであって

アメリカという大陸を掘り下げると同時にヨーロッパという大陸を練り歩く 合間合間にアジアも走り抜け

モノがどうこうでは決してない

僕がどうこうという問題
[PR]
# by heritage_eb | 2013-10-22 06:39 | DIARY

無題

つまるところ、物量やコストパフォーマンスではないであって

ましてや自己満足で終わる表現でも意味はないであって

結果を確実に残しつつも 次へのステップに向けての仕込みであったり

瞬間瞬間を大事にはするけれど 一喜一憂はしてる暇はない と

真似されるは光栄なことで 真似するは無様なことで

結局 誰かにとっての感動を呼び起こす内容が作れなければ

店なんてのも用事はない

感情が動いてナンボの世界なのであれば 率先して自らが感情多き人間として

もっと大きくならねばと

やってもないのに 他所を評価する資格なんてあるわけないから

常に自己との戦いでもあるであって

他所がどうこう という情報はたいしたネタでもないし価値もない

むしろこの世の中にこれから動きだしてくるであろう新たな取り組みや時流

に絡んだ価値ある情報を得ながら 僕たちなりの戦い方というものがあるんだろう

問題なんて山積みだ 不安なんて数え切れない

だけれど僕らはそれらを抱えながらでも 前に進まねばならない

そしてその問題や不安を撥ね退けるほどの自信を付けるべきだ

だから今日も明日も明後日も汗をかく

不安でいっぱいの未来を少しでも明るいものにするために 今日も汗をかく
[PR]
# by heritage_eb | 2013-09-23 13:59 | DIARY

sep.

b0073005_22195515.jpg


まもなく発射準備

今月はそれぞれの企画や施工も進めながら と同時に入荷ラッシュでもあり

かと思えば10月にはantiquing博多の第二回目となる取組み と

言うのは非常に簡単ではあるですが もう終わりつつある夏を迎える6月頃より

スタッフそしてチームの方々にはほぼノンストップで走り回って貰っておるであって

僕がどうこうではなく そういう「ヒト」達の「おかげさま」で色々と物事が実現していくであって

そしてそれは未だに続いてるわけでもあって

色んな意味で 色んな人に 本当に感謝

[PR]
# by heritage_eb | 2013-09-11 22:25 | DIARY

9.11

b0073005_10312338.jpg


9.11から何年経つのか
あの見るも無残な愚行から
今ではニュースにもなりゃしない
そうやって3.11も風化してしまうのか

前を向く
前を向くことは素晴らしい
だけれどその背後には常に後ろがあることを忘れてはならない気もする

僕らは前を向く
次から次へと新たな取り組みへと挑戦する

[PR]
# by heritage_eb | 2013-09-11 10:36 | DIARY

8.31

来期の仕込みや進行中の企画を遂行しているうちに8月度が終わり

様々な分野・業種の方々からのお仕事オファーも頂き 社員一同奮闘しているこの夏

出来ない理由じゃなくて やれる手段を探りながら 日々精進

自分が何をやったという自己満足な世界ではなく どれだけの人々や企業さんのお役に立ち

且つ喜んでもらっているか であって

自分の手柄を自分でどうだ と言うほど暇ではないので

あくまでもそういうお仕事を頂いたお客様の手柄として 僕らはそれを企画し形にしたというところで

良いのであって

一番も二番もないんだけど やっぱ一番は興味がない どうせなら2番、3番、いや10番位でも良い

常に上があり目指すべき課題が山積みである方が進みやすい

ふんぞり返った1番は一夜にして落ちていくだけであって

という点では 課題が数え切れない位あるし 上を見ればキリがない

今期も大詰め 千秋楽を間近に控え 9月はライブイベントの意匠、企画そして10月のantiquing.

9月は旅も企画も入荷も施工も全部詰め込みまくり

僕らが限界を感じれば それはお客さんにも伝わるからですね

やれることはガッツリもっとやっていこう と

[PR]
# by heritage_eb | 2013-08-31 06:58 | DIARY

8.1

b0073005_2236161.jpg


sunset live 2013

陰ながら しれっと ステージ演出で その一ヶ月後に控えた antiquing.代表で

僕らが演奏 歌うことはありませんが

僕らがステージングやったらどうなる というのは 素晴らしく挑戦であるので

様々なアーティストの表現に負けない様 いや 化学反応するべく 今から組立。
[PR]
# by heritage_eb | 2013-08-01 22:40 | DIARY

CHANGE IS GOOD.

b0073005_962284.jpg

[PR]
# by heritage_eb | 2013-07-31 09:06 | HERITAGE

summer

b0073005_22501137.png

[PR]
# by heritage_eb | 2013-07-19 22:49 | DIARY

7.13

b0073005_9415652.jpg


入荷もあれば企画と施工が続き 気がつけばスタッフも増え 

それぞれがそれぞれに仕事を頂いていることで 自分に責任と誇りをもって動いてくれる

勿論 課題なんて山積みだろうし 完成も何もここにはないんだろうし

これからどうなるなんてのも 知るわけがない だから 日々懸命に汗水流すわけで

売れる商品なんて恐らくないんだろう 売れるようにするのが仕事なんだし

何をしているか 今日がどうであったか なんてのは個々人が反省と改善を繰り返しながら

次へと進む材料であって いちいちアナウンスする必要もない

ひとつの組織の中で それぞれが独立した形になりつつある 

そうしようとしたわけではないが それがココでの今の形だ

勉強してどうにかなるものでもなんでもない 頑張るのは皆頑張る 要は頑張り方

人間の奥底に眠る 欲 と 悔しさから生まれる鋼のような強い気持ち

10年であろうが20年であろうが それを自分で祝うほど暇ではない

歴史や時間に胡座をかくほど 歴史も時間も待ってはくれない
[PR]
# by heritage_eb | 2013-07-13 09:55 | DIARY

5.22

買付けに出掛ける回数なんてどうでも良い
要は感動した回数 だから

海外で 僕はしゃかりきになって商品を吟味することはあまりない
どれが売れそうでそうでないか 商品の状態はどうか はあまり気にしないというか
それ以前にパッと見で感じれば 荷台に放り投げていく
勿論価格も一点一点交渉なんてしない
後から割に合わんぞ、ということになれば荷台から何個かまた引きずり下ろすだけ

粗いといえば粗いのだろうし ただ熟慮した上での買付けはどうも後から後悔する
金額なんて知らないけど やっぱこれは要る という感じで
但しそれと同時に物量を決して求めない というか 求めようともしてない
同じようなモノばかりを繰り返し入荷させたところで 僕自身が考えてないと感じるから

買付けの上で「考える」のは唯一 やったことのないネタが出来る材料か否か ということ

これが幾らで売れる これはあの人に売れる これだけの量があれば他を圧倒出来る

要らない考え

間違えたくないのは 僕は別にアメリカみたいな店をやりたいわけじゃないし再現したいわけでもない
はたまた格好付けて「僕というフィルターを通して」みたいな事もちょっと違う
僕はコーヒーじゃ無い

何をもってして「リアル」と呼ぶべきか

アンティークショップで買ってこようが 人ん家で買ってこようが いずれにせよアメリカで手に入れてる
わけだからそりゃリアルなアメリカだ とは思うけれども
僕はそこはあまり興味がない
アメリカが大好きで始めた商売でも何でもないから アメリカみたいな表現や店をしたいわけじゃない

そこに「リアル」さは求めてないし それらは所詮 モノ ありきみたいなところがあるであって

勿論商売だから「モノ」ありきだし その「物量ありき」かも知れない
確かにそういう時代も経験したし それが正しいと考えていた事もあった
でも今は違う 時代も変わり お客さんの目もおおいに変わった 

絶えず「未来」に向けて進み と 同時に次の時代への爪痕も残すべき 今
僕らはもっと自分たちに与えられているこの環境を上手く利用してもっと考えるべきだ
アメリカであろうがヨーロッパであろうが関係ない
良いものは良い でもその良いものが良いものであり続ける為に 僕らは時代錯誤な取り入れ方を
してる場合じゃない
または踏襲するだけのマーケットで次が見えてくるわけでもない

そこに決して「エコ」的な発想も求めない 呼び方はどうでもいい
古いものを大事に という言葉も今は違う気がする
素敵 可愛い という表現も安っぽい

日本人ならでは の発創と技術力で僕らは絶えず次に向けての仕掛け作りに専念すべきで
そしてやがて次の世代が動き出した時 僕らの青春は終わり 次のステップが見えてくる

今は色んな意味で吸えるものは吸い込み そして吐き出す時期なんだろう と
[PR]
# by heritage_eb | 2013-05-22 05:26 | DIARY

5.8

b0073005_22465493.jpg


無事に主催のantiquingも出展者様方のおかげで盛況のうちに終了し
店の片付けも手をつけられないままに次へと動き出しておるでして

スタッフは施工 僕は次の企画と施工と来期の買付なんかが色々と
いちいちどこで何をしているみたいな事は自己満足なので特段記載する必要はねーですが
ちゃんと仕事はさせて頂いております と

大体antiquingに出展していただいている方々は普段から目まぐるしい勢いでお仕事をされている
方々であるからこそ あげなスケールの内容の催しになるのだろう と
antiquingから地元に帰ってその足で現場に入る方も居れば 次のイベント事に向かう方
はたまた翌日から海外買付 と 皆様ホント休む暇なく動き出しているでして

負けられん という意識よりも なんだかまだまだ日本のこの業界も明るいな と思いながら
自分たちにさせていただける仕事をきちんとこなす意識を再確認

忙しいのは 皆忙しい いちいち忙しいと自分で言う暇は確実にない
自分でご丁寧にこんなことできます的な自己紹介もわざわざ要らないし
ボクこんなに変わってるんですみたいな安っぽい自己主張も要らない
そんなことは世間様やお客様が評価してくれることであって

僕らは僕らの得意分野で 明確な意識と目的の元 常に前進し続けるであって
先輩方からは多くを学び盗み 後輩には常に意識と次への課題を共有し
この会社として社会に何が出来るのか を考えながら旗振りを務めさせて頂こうと

いやいやまだまだ まだまだやりたいことは山ほどある
[PR]
# by heritage_eb | 2013-05-08 22:59 | DIARY

4.29

あれよあれよ、という間に4月も終わりかけ
バタバタとAntiquing.の仕込みというかネタ決めというか

スタッフと自分それぞれが絵に書いた様にてんでバラバラな現場や企画をやってたりなので
それぞれが未だバタバタと

僕は主催者であって所謂イベンターではないから 
はなっからイベントそのもので儲ける仕事でもなく 僕らも主催者として恥ずかしくない程度の
売り場をこしらえ、催し自体を盛り上げる隊長になれれば という感じ

やはり年に一度この門司港に色んな地域から色んなディーラー方が集まるわけなので
見応えというか迫力というか 評価は良かれ悪かれあるのは覚悟の上で
選ばれる催し となるべく努力はして

ただ だからといってこれが目指す最終の形であるわけでも何でもなく
この催しもひとつの通過点というか 目指すべき着地点に向けての大事なステップというか

色んな事にリミットはある 越えられないリミットがある
だけれど少し発想や角度や仕掛けを変えることでそのリミットを超えることが出来たりする
少なからずそういう気持ちで今までやってきてたりするから 

一日で幾ら売れた どれだけ売れた は確かに大事なんだけれども
その次の日は 一週間後は 一ヶ月後は と僕らは見えない未来を見えるようにしていかねば と
見えない未来だからこそ 見えるようにする ただそれだけなのかもしれない

物量でもコストパフォーマンスでもない じゃぁ何だ? の答えを揺るぎないものとして
まだまだ先がある

[PR]
# by heritage_eb | 2013-04-29 00:49 | DIARY

2013

旅と旅の合間にantiquing.。
ヨーロッパを体と頭で目一杯感じ吸収した上での来期買付をアメリカで。
モノの珍しさでもなければ量でもないことを再認識し、今迄以上の意気込みで表現する武器を身につけることが出来たわけで。
掘り返してるのがアメリカという国だからこその、それ以外の国々を感じ知るべきで。
一辺倒な考えや背景は短命だと確信してるし、だからこその宝探しでもなければ物真似でもない。
僕がやるべきは様々な角度や視点から吸収し吐き出す「背景」作り。
観て来た世界そのままは、まっぴら御免だ。
売れる事を優先すれば買う事だけのお客様で
感じて考えることを優先すればお客様も感じて創造してくれる
どちらも大事だし、ないがしろには出来ない。
だから僕の周りにはそれを理解してくれて動いてくれる大事なスタッフが居る。
それぞれがそれぞれの役割と責任と、そして結果を出し続けることで、僕だけでは成し得ない、凄いパワーをもつ店となる。
store is power.=店は力なり
僕らに出来る事はまだまだ果てしなくあるんだろう
[PR]
# by heritage_eb | 2013-04-22 07:28

to go

b0073005_12463486.jpg

[PR]
# by heritage_eb | 2013-04-21 12:46

spain

b0073005_15575244.jpg

[PR]
# by heritage_eb | 2013-04-20 15:56